×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Monkey Guitar Instruments Lab.

Contents

エフェクターのポイントトゥポイント配線

ポイントトゥポイント配線は音の劣化が少なく、オーディオにこだわる人たちには、 ある種常識の配線方法ですが、StompBox系のエフェクターで行うにはエフェクターの 大きさが小さすぎるためなかなか高度なテクニックが必要となります。そこで、僕なりに 小さい面積でこの配線を行う方法を紹介します。

まず、汎用基板(ガラスコンポジット基板等)を用意します。そこに部品を半田付けし ワイヤーで配線していきます。PCBのように銅箔を使用しませんので、音痩せにも強く、 ワイヤーにビンテージワイヤ等を使用することもできます。手間はかかりますが、 省スペースでポイントトゥポイント配線が実現できます。

エレキギターの改造では、最初からポイントトゥポイント配線となっていますので、 配線材があれば、実現できると思います。


TOP