×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Monkey Guitar Instruments Lab.

Contents

FlyingVのピックアップ交換

激烈ディストーション用に高出力のハムバッカーが欲しく、Epiphoneの FlyingVのピックアップ交換に踏み切りました。ダンカン製のピックアップを 梅田のESPカスタムショップで購入し、早速作業に取り掛かりました。 果たして、どんな音が飛び出してくるでしょうか?楽しみです。

まず、FlyingVのピックガードを開け、パーツを半田を溶かして全てはずします。 写真は全てパーツを取り除いた状態です。今回変更するのは、次のとおりです。

ピックアップセレクターを除き、ほとんどの部品を交換してしまう作戦です。

まずは部品を取り付け

使用する部品を取り付けます。半田面の方向等を考えておくと後々作業 しやすいです。

配線

部品の向きと位置が決まったら、ピックアップについている説明書を見ながら ゆっくりと配線していきます。ギターボディ側の切れ込みの位置を確認して、 ピックガードの邪魔にならないように配線します。アース用の配線も忘れずに。

ピックガードをはめ込む

ピックガードをはめ込んだあとに、ピックアップにドライバー等を こつんと当てて、配線がきちんとつながっているか確認します。TONEコンデンサも 効くかどうか同時に確認しておきます。アースラインも外れていないか、 アンプにつないでノイズレベルを確認します。

この状態で確認しておかないと、弦を張ったあとにトラブルとなり、 もう一回弦をはずさなければならなくなります。(現に僕も半田不良でアースラインが 外れてしまい、再度やり直しました・・・)

弦を張って完成です。

ピックアップ、アースラインがOKならば、弦を張って完成です。 肝心の音は・・・おお、ぐりぐりのディストーションサウンド!!歪ませても 芯のなくならない極太サウンドです。やはり、いいピックアップは違いますね!! 迫力満点の本格派サウンドです。興味ある方は是非TRYしてください。


TOP