×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Monkey Guitar Instruments Lab.

Contents

Monkey Blue Stone

このエフェクターは、巷に大量にあふれているような一般的なエフェクターでは ありません。その名のとおり、ブルースギターの音色を目指して作成したトーン コントローラであり、ブースターなのです。

一般的なブースターでは、エレキギターの音色、ピッキングニュアンスなどを できるだけ忠実に再現しようとします。周波数帯をできるだけ広く取り、入力されて きた音の信号成分をできるだけ「そのまま」出力しようとします。

しかし、50年代〜60年代にかけてのブルースギターの音は、アンプの性能もあり、 歪みが発生しています。これがこの年代のギター音の特徴となっているのですが、 通常のブースターでは再現するのが難しいのではないでしょうか?

そこでこのエフェクターでは、歪ませるのではなくわざと音を劣化させるような 処理を行っております。部品の特性もありますが、ナチュラルトーンの奥にわずかな 歪みが埋もれているような印象があります。

古い音源のそのときの音を再現するのはある意味不可能だとは思いますが、 このエフェクターを使えば、その雰囲気を味わうことが可能です。自作エフェクター ではこのような新たな挑戦も可能です。

回路図はこちら

TOP