×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Monkey Guitar Instruments Lab.

Contents

Transistor

fairchild 2N3904 (Si)
2N3904

スタンダードなシリコンNPNトランジスタです。トランジスタ増幅部分やFUZZの 実験に使用しています。エッヂの効いたソリッドな音がすると思います。ディストー ションに使用すると、ジャーンという歪みの印象を感じます。

fairchild 2N3906 (Si)
2N3906

こちらはスタンダードPNPトランジスタです。特徴は、NPN型と同様だと思います。

2SK30A (Si)
k30a

続きまして、ジャンクションFETです。市販のものは、日本メーカー製ではない でしょうか?このFETは、周波数帯域が狭いらしく、音がこもってしまう印象があるので あまり使用していません。ちょっとしたエフェクター実験には使い勝手がよいと思い ます。

fairchild J201 (Si)
j201

初段の入力段によく使用するJFETです。海外ではスタンダードだと思います。 バイポーラ型のトランジスタに比べ、入力インピーダンスを大きく取ることができる ため、非常に重宝しています。入力側のインピーダンスを考慮することなくバイアス 電流を設定できるため、周波数特性も広帯域で確保できます。歪ませるとバリバリと 言う印象です。

WE We22d (Ge)
we22d

ゲルマニウムトランジスタは、既に生産されていませんので、とても入手困難です。 ですが、見かけたら即買いです。このWesternElectric製のトランジスタは、破壊力 抜群ですから。Fuzzに使用したときの心地よい暴れ具合は、何日も試行錯誤して設計 した回路を一発でノックアウトしてしまうほどです。Fuzzはあまり歪まないからなあ… と思っていましたが、このトランジスタだけは違います。


TOP