×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Monkey Guitar Instruments Lab.

Contents

BLUES ROCK

Rory Gallagher VERY BEST OF RORY GALLAGHER

verybestofrorygallagher

雑誌にてロリーギャラガーの特集をしていて、興味がわいたので聴いてみました。 アルバムは二枚組みとなっており、一枚目はロックギター集、二枚目はアコースティック 集となっています。

シンプルで腰のあるギターサウンド、初期のハードロックというイメージで、 曲自体の特徴は余りありませんが、なんと言ってもまずエネルギッシュ!! これだけロックに情熱を傾ける人もいないのではないでしょうか? ライブ音源のBullFrogBluesは、最後背筋に寒気が走りますよ。

Johnny Winter BEST OF JOHNNY WINTER

bestofjohnnywinter

ジョニーウィンターのベストアルバムです。Gibson Firebirdのオーバードライブ サウンドはとても耳に心地よくジョニーウィンターの天才振りがうかがえます。

ロックな曲とカントリーギターな曲がおりまぜて構成されていますが、やはり ロックなサウンドが必聴だと思います。優れたギターテクと明快なギターリフ、 それにシャウトするボーカルと何においてもかっこいい!

曲的には14曲目のStillAliveAndWellが好きです。歪みギターとバックのベース、 ドラムコンビネーションが最高。

Johnny Winter JOHNNY WINTER

johnnywinter

テキサスのブルースギタリスト、ジョニーウィンターの1stアルバムということで 聴いてみました。というのも、最近firebirdなるギターの音に興味が出始め、 firebirdならばジョニーウィンターだ!!という記事を見たからです。

ミニハムバッカーはハムバッカーでもシャープな音だということですが、なるほど 魅力的なトーンです。特に2曲目の典型ブルースでのギター引き倒しは圧巻。 古いアルバムとあってギター音もそんなに歪んでいないため、firebirdの原音が いい感じで生かされていると思います。

Stevie Ray Vaughan LIVE AT MONTREUX

liveatmontreux

SRVの82年と85年のライブが楽しめるDVDです。僕個人としては、82年の 荒削りでパワーあふれるSRVが好きです。85年は、成熟したSRVのライブです ので、ロック&ブルースを安心して楽しめる感じです。

82年の方では、ブルースギタリストとして招待されていたこともあってか ブーイングの嵐ですが、それを全く意に介さずNo.1を引きまくるSRVは、 まさしくロックです。汗をかきかきひたむきにギターを引く姿を見ていると 本当にエレキギターが好きなんだなと感動してしまいます。

スタジオ録音とはまた違ったストラトの音を堪能できますので、是非一度 視聴してみてはいかがですか?

Stevie Ray Vaughan TEXAS FLOOD

texasflood

ストラトの歪みと言えばこれではないでしょうか?超有名ですね。 このギターサウンドを求めて、高価なビンテージストラトやFenderの ヴァイブロヴァーブを買っちゃった人、どれくらいいるのでしょう。

歌は、定番ブルースロックといった感じであまり面白みがありませんが、 ギターテクとサウンドは一品!ストラトの音が好きな方は、必聴の価値あり。

Stevie Ray Vaughan IN STEP

instep

成熟したギターサウンドのSRVの最終アルバムです。Fuzzを使用していたり ハムバッカーを使用したりと、従来までのストラトサウンドとちょっと違う サウンドに挑戦しています。

楽曲自体も進化しているので、飽きの来ないアルバムとなっています。 ライナーノートを読みながら聞けば、思わず涙がチョチョぎれる!?


TOP